今日は久しぶりにゆっくりできる日だったので、洗濯して、掃除して、歯医者に行って。
空いた時間に久しぶりにアニメ「氷菓」を見たよ!
氷菓は2012年4月から放映されたものなので、
もう5年近く前の事なんですね…。
なんか悲しい。

氷菓とは、もともと米澤穂信さんのの推理小説のシリーズなんだけれども、私は京都アニメーション作品のアニメが大好きで、そんな中で氷菓は1位、2位を争うくらい大好きな作品。

作者の米澤さんには申し訳ないのですが、原作はまだ読んでません…。
ただ、アニメは5回以上は繰り返し観ているかもしれません。
あらすじとしては、折木奉太郎(おれきほうたろう)の高校入学時からスタートします。
海外に旅行に行っているお姉さんからの命により、廃部寸前の古典部に入ることになります。
その際に出会う同学年の千反田える(ちたんだえる)、中学の同級生である福部里志(ふくべさとし)、伊原摩耶花(いはらまやか)の4人での古典部生活を描写している、日常系ミステリーアニメです。
ミステリーしすぎてなくて、また作品の間が心地いいのです。
氷菓の一番好きなキャラクターは主人公の奉太郎。彼は私の好みど真ん中なんですよね。人生をあくせく生きてない、学力は平凡だけれども知能は優れてる。
そして声は中村悠一さんとくれば、もう好きにならないわけがない!(笑)
好きなアニメを観て、少し昼寝をして、夜はお肉とワインでまったり~。
またゆっくり時間があれば、おすすめ作品を紹介していたいと思います。